忍者ブログ

伊藤ゆう子の日記兼コラム

    

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

チュ──────ス( ゚Д゚)ノ

以前、某エッセイコンテストに入選したんですけど、
そのつてで?タイトルのような電話がかかってきました。

なんかね、「小説書いてるなら原稿見せてくれないか」って。

それを、出版社のスタッフが読んで、ダメ出ししてくれて、
内容を整えて、出版するという話。

自費出版と違い、書店にも置くこともできるらすィ。

なんでも20代のOLも、この方式で出版して、
一生遊んで暮らしていける印税を貰ってるんですよ!
って豪語してた(笑)。

それって、何千人中の一人なんだろう(笑)。

つか、要件について、金銭面とか実質的な話がまるで見えない&
入選した時の作品の内容についても一切触れない、そして、何より、
この私に出版社から電話が来るなんて、どうせ営業電話だろうとすぐ思いました。

「要するに自費出版のお話ですか?」

と聞いたら、

「いえ、企画出版です」

とか言ってるんだけど、企画出版なワケないだろう……。

んで、色々話が続くうちに、

「入選して、才能もあるのでぜひ!原稿を見せてください!」

とか、UXILEなこと言ってるので、もう電話を切りたかった伊藤は聞いた。

「あの、単刀直入に聞きますけど、私の作品読みました?」


「いえ、読んでません!」


打てば響くように豪語しやがった(笑)。

「読んでないのに電話かけてるわけ?」

と聞いたら、

「私は審査員じゃないので読んでないんです!」

とまた豪語(笑)。
とりあえず失笑しといたよ(^-^)v

そりゃ、読むわけないだろうけどね。

営業の電話は数をかけてなんぼ。
基本素人の、しかも、大量の作品をいちいち読むわけがない。

でもさ、営業ならさ、話合わせるのも必要なんだから、
せめて手元に本を置いて、内容見ながら話合わせるとかしたらどうだろう。

もう、そもそも営業のやり方が浅すぎるわ~。
たまたま下手な人だったのかもしれんけど。

なんか、今は亡き新○舎とかも、潰れる前にこんな電話かかってきたけど、
ヤバいのかね、今回電話してきた会社も。

じゃ、そういうことで。

拍手[1回]

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
Trackback URL
プロフィール
HN:
伊藤ゆう子
性別:
非公開
自己紹介:
オリジナル小説を書いております
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
最新記事
(09/12)
(08/17)
(08/08)
(08/05)
(08/05)
最古記事
(03/20)
(03/21)
(03/22)
(04/01)
(04/04)
バーコード
ブログ内検索
最新トラックバック
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]